5軸手ブレ補正機能追加『α7S II』10月18日発売!

5軸手ブレ補正機能追加『α7S II』10月18日発売!

こんにちは、南九州市にあるプロエイトの内原です。

今回は、先日プレスリリースされた『α7S II』ボディ ILCE-7SM2(Eマウント)の紹介です。

発売日は、10月16日金曜日になりました。

『α7S II』の主な特長

1.圧倒的な高感度性能

2.5軸手ブレ補正機能

3.優れた高耐久性能

α7SⅡ_R

1.圧倒的な高感度性能

画像処理エンジンBIONZ Xと、有効約1220万画素35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサーの組み合わせにより、最高ISO409600の圧倒的な高感度を実現する事が出来ました。イメージセンサーは入射光量に合わせて入力される信号のレベルをセンサー内部で最適化できるため、暗所から明るい場所まで全感度域(常用ISO100~102400、拡張50~409600)で広いダイナミックレンジを実現できます。

a0050_000407

さらに、シャッター音を消音できるため、静粛性が求められる結婚式・コンサート・野生動物の撮影はサイレント撮影機能で最高の写真を撮れる事間違いないですね!

2.5軸手ブレ補正機能

α7S_R

マクロ撮影時など撮影倍率が大きくなるに従い顕著に現れるシフトブレ(X軸/Y軸)、望遠レンズ装着時に起こりやすい角度ブレ(ピッチ/ヨー)、夜景撮影時や動画撮影時などに目立つ回転ブレ(ロール)など、あらゆるブレを5軸で検出して補正できます。補正効果も4.5段を実現し、高感度性能と合わせてスローシャッター使用時の手持ちによる撮影が可能となり、撮影表現の自由度を高める事が出来ました。もちろん、動画撮影時でも5軸による精度の高い手ブレ補正が効くので安心ですね。

3.優れた高耐久性能

フルマグネシウム合金ボディを採用する事で優れた堅牢性を実現!

α7SⅡ 一眼_R

トップカバーやフロントカバー、内部フレームに加えて、リアカバーにも軽量かつ剛性に優れるマグネシウム合金を使用して、高い堅牢性と同時に軽量化を両立しました。

厳しい環境下で使える防塵・防滴設計!

一眼 α7SⅡ_R

メディア・ジャックカバー、各キャビネット部品のあわせ目を凹凸にすることで2重構造化になっています。また、主要な操作ボタンやダイヤルにシーリング処理を施しほこりや水滴が侵入しにくく厳しい環境下での撮影を可能にしました。

発売日が楽しみですね!

シルバーウィークですがプロエイトは、20・21・22・23日営業しておりますので、大型4Kテレビの体感・一眼カメラ交換レンズのお試しなどお気軽に来店ください!

それでは、明日もきばっど!

 

 

 

 

シェア